フォトフェイシャル

フォトフェイシャル

 

長時間にわたって強い紫外線を浴びた肌はたるみやすくなり、しみやしわが増えますが、元に戻すことはほぼ不可能です。フォトフェイシャルは光による肌トラブルの治療方法として、多くの人が美容皮膚科を受診しています。

 

フォトフェイシャルは、レーザーを用いた美容施術よりも肌の負担が少なく、施術の痕跡が残らないということが喜ばれています。お肌の悩みを抱える人は、美容皮膚科で相談してみることで、フォトフェイシャルをすべきかどうかや、肌の何が足りないのかを教えてもらえます。

 

軽度の肌トラブル、そばかすを消したいという時は、1回から2回のフォトフェイシャルで十分です。シミやしわに関しては、肌質が改善されるまで治療が行われるので、5〜6回程度はかかるようです。

 

若いころのしっとりとしたなめらかな肌になるためには、美容皮膚科でのフォトフェイシャルを何度か受けてから決めるといいでしょう。目安としては月に数回、美容皮膚科へ行きフォトフェイシャルを受けますが、医師と相談しながら回数を増やすことも可能です。

 

フォトフェイシャルを顔以外の場所に照射しているような美容皮膚科も、最近では少なくなくなっています。胸近くのにきびが多い場所や、背中や首回りの皮膚が気になる人はフォトフェイシャルを利用するといいでしょう。

 

フォトフェイシャルは、肌のしみやくすみに対して効果を発揮するものですので、皮膚の他の部位を痛める心配がありません。お肌を活性化させるコラーゲンなど有効な成分をつくり出す細胞を刺激することで、肌への負担なく内側から美しい肌をつくることができます。

 

光を皮膚にあてるフォトフェイシャル

 

肌トラブルで困っているという人は、皮膚科でフォトフェイシャルを受けるという方法があります。エステサロンなどで受けることができる、お肌をきれいにできる施術として、フォトフェイシャルは知られています。

 

肌のお悩みを解決するために、美肌作用のある光を皮膚にあてるという方法がフォトフェイシャルになります。エステで行うフォトフェイシャルは値段も高額になりやすいですが、実はフォトフェイシャルは皮膚科でも行うことができます。肌トラブルの症状がひどく、治療として行わなければならないくらいの場合になると、皮膚科でもフォトフェイシャルは使われます。

 

皮膚科で受けるフォトフェイシャルか、エステと比べて安価になるのは、皮膚科の施術は肌の疾患に対する治療行為に相当するためです。肌のお悩みに対する解決にもなりますので、肌の状態改善がうまくいかずに悩んでいるという人は、皮膚科で相談するのはいい方法です。

 

けれど、症状によってはフォトフェイシャルを使ってもらえないことや、そもそもフォトフェイシャルがない皮膚科も存在します。きれいになるために行うエステのフォトフェイシャルと異なり、皮膚科では皮膚疾患の治療としてフォトフェイシャルを施します。

 

皮膚科でのフォトフェイシャルはエステよりも高い出力で行うことができるので、皮膚トラブルの治療効果も期待できます。治療効果や、施術料金、使用する設備などが、エステサロンと、皮膚科の治療とでは、大きく違うものになります。にきびや肌の乾燥など、肌トラブルが頻発して困っているという人は、一度皮膚科を受けて、専門の医師に診察してもらうのもいい方法です。