アニマル

シロアリの対策方法

シロアリは非常に面倒な害虫です。住宅を食い荒らし強度不足に陥らせてしまいます。住宅が傾いたというケースや崩れたという報告もあります。しっかりと対策することが大切になってきます。

ハト対策の方法

ハトの鳴き声に悩んでいる方も多いでしょう。近年ハトに関する被害報告は増えてきています。固体の絶対数が増えている現状が有り、見かけ以上に賢い知能があるとされています。対策も一筋縄には行きません。

ネズミと清潔レベル

ネズミ駆除の平均価格

動物

現代の日本、ましてやビルの乱立する大都会にあっても、ネズミの被害は一向に減る気配はありません。それはネズミの旺盛な繁殖力や生命力寄るところが大きいですが、一方で都会は天敵が少ない上に食料も豊富であるという点でネズミにとっては生息しやすい環境ともいえます。そうしたネズミが住宅や飲食店などに出没しては、食害や騒音被害など様々な被害を人間にもたらすのです。個人の住宅ならば住人に健康被害をもたらし、飲食店など店舗であれば不衛生な環境であると宣伝しているようなもので、営業にも支障をきたします。そうしたことからネズミが出没しているようなら、早急にネズミ駆除を行う必要があります。ネズミ駆除用の対策グッズも市販されているので、そうしたグッズを利用してもいいですが、業者に依頼するほうが安全ですし確実と言えます。業者に依頼した場合の平均的な費用としては、諸経費は状況によって差はありますが、捕獲自体の費用としては業者も平均して2〜3万円ほどでやってくれます。

殺鼠剤の特徴と注意点

ネズミ駆除用に市販されているグッズには様々な種類があって、そうした物の中にはプロの業者も使っているようなスペックを持つグッズもあります。そうしたグッズを用いた駆除を効率的に行うには、その特徴を詳しく知っておくことが必要です。そこでここではネズミ駆除に一般的に用いられる殺鼠剤について、その特徴と注意したいことについて見ていきたいと思います。殺鼠剤とはネズミ用の毒餌ですが、その毒の種類から即効性の殺鼠剤と、遅延性の殺鼠剤に分けられます。昔は即効性の殺鼠剤が一般的でしたが、最近ではペットなどの誤食に際しての安全性などから遅延性の殺鼠剤が一般的です。殺鼠剤はネズミに食べてもらわなければ意味がないので、ネズミが食べやすいようにキッチン周りなど餌場になっていそうな場所に仕掛けると効果的です。またネズミは警戒心の強い動物であり、見知らぬものには近づきません。ですから殺鼠剤を仕掛けておいて効果がないと思ってすぐに位置を変えてしまうと逆効果になるので、ある程度期間を長めに設置しておくことも必要です。

ネズミ駆除の方法

動物

ネズミ駆除の方法は巷にあふれています。しかしながらネズミも年々賢くなってきていると言われ、単に簡易道具を使用した捕獲では失敗に終わることも多くなってきています。業者に依頼するほうが確実な事も多いです。